ウエステルダムのリドのランチで食べた料理

ウェステルダムへ乗船!

/ 2019年3月31日(日)クルーズ1日目 その2

大桟橋のクルーズターミナルで約2時間待った後、いよいよ乗船です。

ウエステルダムの船内の廊下
船に乗ってすぐに部屋に入れるということなので、私たちの客室(キャビン)に向かいます。

今回の客室は、デッキ4の後方部分にある4166号室。

ウエステルダムの客室マップ
船尾にかなり近い場所にある部屋です。

後方にはクルーズ中にたびたび利用するビュッフェレストラン リド(Lido) があります。
また喫煙者の旦那がリド以上に利用する喫煙所も船の後方にあるため、エレベーターに乗るだけですぐにそれらの場所に行けるこの部屋はなかなか便利でした。

ただし、船の前方にあるメインステージなどに行くには大変!
忘れ物をとりにメインステージとキャビンを往復した時には、もうグッタリでした。。。

ウエステルダムの客室のベッド
こちらが今回のクルーズで14泊する4166号室。

ツインのベッドにソファーとテーブルというおそらく平均的なベランダタイプの部屋だと思います。
2017年にパナマ運河クルーズに行った時に乗船したザイデルダム (Zuiderdam) の時もベランダタイプの部屋に宿泊しましたが、その時と客室の作りは同じでした。

ウエステルダムの客室にあるモニター
ベッドの前には大きなスクリーン。
前回のフォーレンダム(Volendam) のクルーズでは小さなスクリーンだったので、今回は見やすくて嬉しい。

ウエステルダムの客室のベランダ
今回のキャビンのベランダです。

なんと、2部屋分の広さがあります。隣に客室がないため、このような広いベランダとなっているようです。
私たちは「ベランダだけスイート」と呼んでいました。笑

 

ウエステルダムの船内設備については次の記事で詳しく解説しています。
ウエステルダム (Westerdam) の船内紹介 | ホーランドアメリカライン 客船ツアー

ウエステルダムでの初ランチ

ウエステルダムのリドのランチメニュー
キャビンには入れましたが、まだスーツケースが届かないので、ランチをとりにビュッフェレストランのリド(Lido) に向かいます。

リドレストランの入口には、このようにその日のメニューが掲示されています。(でもあまり見ている人はいないようですが)

ウエステルダムのリドのテーブル
まだ時間が早いためか、ゲストの数は少なく、多くのテーブルが空いています。
これがすぐにゲストでいっぱいになってしまうのですけどね。

ウエステルダムのリドのランチで提供される料理
さてどのような物があるのか、とりあえず一回りしてみます。

こちらはサンドウィッチ、ピザ、お寿司など。

ウエステルダムのリドのランチで提供される両r
フルーツにデザート、そしてスープですね。今日のスープは トムヤムクンでした。

ウエステルダムのリドのランチで食べた料理
ウェステルダムでの1食目はこちら。
好みの具材とドレッシングで作るサラダとアジア風の料理です。

ウエステルダムのリドのランチで食べたトムヤンクンとお寿司
さらにトムヤムクンとお寿司。
アジアづくしのランチとなりました。

まだゲストが少ないためかクルーと少しおしゃべりすることができました。
彼女はフィリピン人のクルーで、この日本クルーズで桜が見たいと言っていました。
彼女とはこの後も何度も話す機会があり、このクルーズ中、一番仲良くなったのが彼女でした。

実は乗船前には、船に乗ったらまずは大好きな Dive-In (ダイブイン) のハンバーガー を食べよう!なんて言っていたのに、結局そんなにガッツリな物は食べれませんでした。
というのも、実は旦那は船に乗る前からあまり体調が良くなかったのでした。
この先大丈夫か?

ランチの後は船内を散策します。

 

 


旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロである専門の旅行会社が希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれるサービス「タウンライフ旅さがし」を利用しましょう。

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の会社から希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。
さらに「こんな旅行がしたい!」という旅の要望も細かく伝えることができます。

もちろんクルーズ旅行も依頼できます。

自分に合った最高の旅行プランを見つけてくださいね。

「タウンライフ旅さがし」はこちらから>>>

 

オススメ記事