台湾の基隆

「雨の港」基隆へ到着

2019年4月8日(月)クルーズ9日目 その1

ホーランドアメリカのウェステルダムでのクルーズ9日目は、基隆(台湾)に寄港します。

台湾北部に位置する基隆は、昔から商業港・軍港・漁港として栄え、基隆港は高雄港に次ぐ台湾で2番目の貨物取扱量を誇るそうです。
また雨が多いことから、「雨の港」「雨の都」と呼ばれていると聞きました。

基隆は、このウェステルダムのクルーズで一番楽しみにしていた場所です。

from Today’s Navigator

Weather:  74°F/23°C、Sunny
Arrival:  8:00am  All Aboard:  5:30pm
Tonight’s Dress: Smart Casual


ウエステルダムから見た朝の海
朝6時過ぎ。

少しずつ早起きができるようになってきた旦那。
起きると、すぐにタバコを吸いにデッキ9のSea View Bar (シービューバー) に向かいます。ウェステルダムではカジノを除いてタバコが吸える場所は、シービューバーだけなのです。

 

クルーズの喫煙については次の記事で詳しく解説しています。
船での喫煙 | クルーズでたばこは吸えるのか?



ウエステルダムに掲げられていた台湾の旗
今日も快晴!
でも昨日に劣らず暑くなりそうです。

雨が多い場所と聞いていましたが、雨の気配はまったく無し!

台湾の基隆
8時 基隆到着。
(これは午後に船外から撮った写真です)

ウエステルダムのリドで食べた朝食のお粥
今日も朝食はリドで。

朝食はこのビュッフェレストランのリドの他に、メインダイニングでもとることができます。
メインダイニングはそんなに混雑しておらず、テーブルもサーバーが案内してくれるので、リドのように自分で探す必要はありません。
が、なぜか混雑しているリドに来てしまうのですよね。^^

旦那はいつものようにお粥と、野菜無しサイドメニュー

ウエステルダムのリドの朝食のペストリー
そういう私も今朝も野菜なし。

基隆のクルーズターミナル
さあ、出発です。

基隆のクルーズターミナルは、倉庫のような建物。
観光案内所のデスクで地図をもらいます。

基隆のクルーズターミナル
これがターミナルビルです。
基隆港には東と西の2ヶ所にクルーズターミナルがあり、今回は西沿岸旅客ビルを利用しています。

ちなみに今日の基隆では無料のシャトルバスサービスはありませんでした。

基隆港の前の道
ターミナルビルを出て、基隆車站 に向かいます。
基隆車站 は、基隆駅のことです。ターミナルから数分の場所にあります。

貸し切りチャーターで九份へ

基隆車站(基隆駅)の前で待ち合わせた車
基隆車站 で待ち合わせしていたのは この車です。
実は、今日は貸し切りのチャーターを頼んでいたのでした。

行き先は九份で、このクルーズターミナルまでの送迎付きで、所用時間は送迎も含めて4時間というチャータープランです。
ドライバーは台湾の方ですが、日本の大学にも留学しており日本語ペラペラです。

九份までは車で約40分。
車中では、基隆が「雨の港」であることや、あちこちの道路に書かれていた「慢」という文字が徐行という意味であることなどを教えてもらいました。
また、彼の留学していた大学が旦那の地元の近くであったことでも話が盛り上がりました。

台湾の九份
九份に到着。

地図をもらい、九份を散策する順序や見所を教えてもらいます。
また、彼とは一旦別れるため、集合場所と時間も確認します。

ここからは、2人だけで九份を観光します。

 

 


旅行プランを考えるのは楽しいけど、ガイドブックやWebサイトに載っている情報はありきたりだし、自分で調べるのは時間がかかるし、メンドウ。

そんな時は、旅のプロである専門の旅行会社が希望に沿ったプランと見積りを無料で作ってくれるサービス「タウンライフ旅さがし」を利用しましょう。

依頼は簡単!
希望の行き先や出発日、予算、日数などを一回だけ入力するだけで、複数の会社から希望に沿ったオーダーメイドプランを無料で提案してもらえます。
さらに「こんな旅行がしたい!」という旅の要望も細かく伝えることができます。

もちろんクルーズ旅行も依頼できます。

自分に合った最高の旅行プランを見つけてくださいね。

「タウンライフ旅さがし」はこちらから>>>

 

オススメ記事