フォーマルとドレスコード | ホーランドアメリカの場合



クルーズでの悩みの一つがドレスコード。普段の生活では意識することがないので、一体どうすれば良いのか考えてしまいますよね。
ドレスコードとは、夕刻から就寝までの服装が指定されていることで、日によって「カジュアル」「イン(セミ)フォーマル」「フォーマル」などと分けられています。

この中のフォーマルが一番の悩みのタネ。。。
せっかくだから日頃できないオシャレしたい!だけどそのために荷物は増やしたくない。
でも大切なのは船の雰囲気に合っているかどうか、また他のゲストがどの程度オシャレをするのか。自分だけカジュアルすぎたり、反対にキメすぎるのも恥ずかしいですからね。

ここではホーランドアメリカでのドレスコード(フォーマル)の様子をご紹介します。



最近のホーランドアメリカでのクルーズでは、航海中は「スマートカジュアル(smart casual)」または「ガーラ(gala)」の2種類となっています。(以前は「cruise casual」というのもありましたが)
この「ガーラ」がいわゆるフォーマルにあたります。

スマートカジュアル(smart casual)では、短パンや水着、ダメージシーンズ、男性のタンクトップはダイニングではNGとされているようです。
またガーラでは、男性は襟付きシャツとスラックス、女性はエレガントなドレス、スカート、パンツなどが良いとされています。ジーンズや短パン、Tシャツはカジュアルレストランでは大丈夫なようです。

ホーランドアメリカでの初めてのクルーズの時に用意したのが、黒のロングドレス。
それまでに何度か乗船したことがあったディズニークルーズでは、フォーマルではロングドレスを着るゲストが多く、とても華やかな雰囲気でした。
ホーランドアメリカもプレミアムシップなので、フォーマルではドレスアップしているゲストが多いだろうと思いましたが、念のためメインダイニング周辺を偵察してみると。。。
あれ、ロングドレスはほとんど見当たらない!ロングドレスは too much ? きれいめのスーツやワンピースを着ている人が多数。
そんなにフォーマル度は高くないようだったので、結局私はロングドレスはやめて、濃紺のノースリーブのワンピースに。

その後のクルーズでもキレイ目のワンピースで十分。
年末年始クルーズにも乗船し、カウントダウンパーティにも参加しましたが、この時もフォーマル度はそれほど高くありませんでした。(カリブ海という場所柄もあるのかもしれませんが)

旦那は、ガーラの夜はいつもタキシードにカーマバンド、蝶ネクタイでちょっとオシャレしています。^^

ノルウェーフィヨルドクルーズの時のガーラ


ちなみに夕刻移行はメインダイニングだけではなく、パブリックスペースもドレスコードに従わなければいけないと聞いたことがあります。なので、夕方にいつもスパに行くのですが、スパからの帰りはなるべくパブリックスペースを避けて部屋まですばやく(?)戻るようにしています。

またドレスコードは、毎晩部屋に配られる船内新聞に記載されています。(ですので乗船前に知ることはできません)
9/11/12泊クルーズでは2回、14泊クルーズでは3回のガーラがありました。さすがに3回もガーラがあると、3度も同じ洋服というわけにもいかないので、ワンピースを2着持っていくことになりますが。

 

これはディズニークルーズの時。このようなロングドレスのゲストが多くいました。
そういえば、このドレスも何年も着てないな〜。もう入らないかも?