Narita to Chicago ( 成田 シカゴ )
NH012 Boaing 777-300ER

2014年4月、GWを利用して西カリブ海クルーズへ! 
出港地は、フロリダ州・ポートカナベラル。 出港は翌日の夕方なので前泊が必要となる。
今回はシカゴ(ORD)を経由してオーランドへ向かう。

 

ANAファーストクラスに乗りました!

生まれて初めてANA(全日空)ファーストクラスに搭乗!行き先はアメリカ ヒューストンです。ANAファーストクラスラウンジからファーストクラスの機内や食事の様子などをご紹介します。 

続きを読む

 

 

まずは2日前に成田空港宛に送って置いたデカいバッゲージ2つをピックアップする。
次はANAカウンターに向いチェックイン.. 今日はチェックイン・カウンターも空いている。
今回も国際線(ANA), 米国内線(United)はそれぞれ別々に予約しているので、 Unitedのチケットを提示しバッゲージ・タグをオーランド(MCO)まで発行してもらう。
今日は米国内線(United)のチェックインも完了、搭乗券も発券され無事手続き完了 (^^v

ANA LOUNGE でゆっくり(たっぷり?)朝食を頂き、搭乗までの時間をのんびり過ごす。
 *ANA LOUNGE についてはこちら

搭乗開始のアナウンスがありゲートに向うと BUSINESS CLASS の搭乗がすでに始まっていた。
ゲートでパスポートと搭乗券を提示し右側のボーディング・ブリッジを渡り機内へ向かう。


 


で.. お贅沢にも今回も国際線(太平洋路線)は、BUSINESS CLASS を予約した (^^;
更に、ANA の BUSINESS CLASS で数年前から入替が始まった新しいビジネスクラス・シート  BUSINESS STAGGERED。WashingtonDC(IAD), Chicago(ORD)路線にはなかなか導入されず、 これまで乗る機会がなかった。主力路線(と思われる?) NewYork(JFK)には早くから導入されていたが、 NewYork(JFK)経由でオーランド(MCO)へ行くのは、乗継便などの関係で結構面倒くさい..?!
まぁ、いずれにしてもやっと(?) Chicago(ORD)路線にも最新のシートが導入され、やっと乗ることができた (^^v


と、言うことで、俺が説明するまでもないのだが、座席前のパーソナルモニター下にはフットレストがあり、 その下は手荷物置場(上段左端)。テーブルはモニターの下に収納され引き出して使用する(上段中央)。
モニターの右下には USB/iPod/AC電源プラグの接続ターミナル(上段右端)。マジで最近は便利になったものだ?!

サイドテーブル(下段左側)には、TV プログラムガイド/安全のしおり/ANA SKY SHOP などの冊子。 テーブルの上部には読書灯(下段中央)。更に蓋が閉まる小物入れやドリンクホルダー(下段右端)もある。


シート脇には、リクライニング・スイッチとモニター・コントーローラー(上段左端・中央)。 救命胴衣(ライフジャケット)はシート脇の足元に収納されている(上段右端)。これだけは絶対使いたくないが!!
シート下には靴の収納スペース(下段左端)があるが、ご覧の通り隣席との間(下段中央)に置いたまま (^^;

最後(下段右端)は後方から見たビジネスクラスの様子。ご覧の通り、最新のシートはとても個室感が強い。 本当にビジネス(出張)で乗る場合はとても良いが、夫婦などカップルでの旅行には少々寂しい(?)感じがする..?!


シート説明が長くなったが、座席に付くといつも通り本日の担当CAさんが、 『 Hxxx様、本日もご搭乗頂き誠にありがとうございます 』 と挨拶してくれる。(^^; 汗,.   これが、かなり照るのはやはりオヤジの証拠.. だよね..?!
で、さっそく Welcome Drink がサーブされる。いつも通り俺はシャンパン、かあちゃんはオレンジジュース。

Drink Service

ドリンクサービスは、本当にこれまたいつも通り、俺はシャンペンを頂く。 因みに本日の銘柄は、フランス産 シャルル・ド・カザノヴ・ブリュット・テート・ド・キュヴェ ( Charles de Cazanove Brut Tete de Cuvee )。
”力強い泡立ちとピノノワールが多く含まれる深みのある味わいで、上品で淡い物からしっかり味付けされた物まで幅広いお料理に合う、 コクのあるフレーバーが余韻としていつまでも漂う、個性的なシャンパーニュ ” だそうだ…。
まぁ、そうは言われても俺にはよく解らない.. とにかく辛口でよ~く冷えてれば良いんだけど (^^;


で、隣の席にいるかあちゃんは何を頂いてるか覗いてみると、いつも通り 香るかぼす を飲んでいた。
新しいシート BUSINESS STAGGERED は個室感がとても強く、座っていると隣席のかあちゃんの顔が全く見えない。 特にかあちゃんの席は通路との間にテーブルがあるので、本当に個室のようだ。 人目を気にせず寝ることもできるので、完全にひとりの世界(?)に入れるかも (^^;


First Meal Service

本当に毎回変化のないページ構成になってしまうが、まぁ、旅行記は老後の楽しみ(?)であり、 大切な我が家の旅の記録なので、その辺はほぼ100%自己満足の世界と言うことでお許しを (^^;
で、今日も First Meal は、かあちゃんが洋食、俺は和食を頂く。

 

< 洋 食 >
アペタイザー: ロール仕立てにしたソフトドライビーフとシーフードのタルタル、グリーンアスパラガス添え
ブレッド: 3種のブレッド、高千穂発酵バターとオリーブオイル
メインディッシュ: 宮城松島地ビールで煮込んだ十勝短角牛のシチュー


以前のシートならすぐ隣にいたので、味見することもできたのだが、残念ながら隣との間隔があり過ぎるので、 『 かあちゃん、ちょっと頂戴? 』 と言うのも難しい。かあちゃん曰く、『 肉は柔らかくて美味しかった 』 そうだ。

< 和 食 >
前 菜: 鯛笹ずし, アスパラガス牛肉巻き, 雲丹煮凍り, 鮑酒煎り, 山葵漬け
主 菜: 桜ます昆布〆菜種和え, 寄せもずく
小 鉢: ずわい蟹玉子寄せ


まぁ、とにかく和食は品数が多い。でも(一応?)普段は本当に質素な食事なので、 たまには空の上でのんびり映画観ながら豪勢な昼ご飯を頂くのは極上のひと時だ (^^v
因みに今日の一押し映画は、先般アカデミー賞を受賞した Disney の アナと雪の女王。 クルーズ前に観ておくべき..? とも思ったが、Always 三丁目の夕日 ’64 にした。

和食の主菜は 鰆桜焼き奉書包み。上品な味付けが本当に美味い!!
4月のごはんは 桜海老御飯。やはり旬の物を頂くのって本当に贅沢なことだ。
本当にしばらく和食が喰えなくなる(筈?)ので、たっぷり堪能する.. (^^;

 

食後のデザートは、2種類からチョイスできる。かあちゃんは、抹茶バヴァロアと黒みつ風味ジュレ。 俺は、フランボアショコラ をチョイス。旅行前から既にデザートまでメニューを決めていたが、 今回はお互いの食事を味わうこともなく、それぞれが黙々と食べていた..。ちょっと寂しいけど新婚じゃないしね (^^;

 

食後酒に ベイリーズ オリジナル アイリッシュクリーム を頂く。とても甘めだが、デザート感覚で呑むには最高だ!!
そうそう、以前だとかあちゃんがすぐ隣にいるので、『 また呑むの..?! 』 と言う顔をされたが、 新しいシートは相手が見え難いのでそう言う点は良いかも (^^;

で、実は食事を終え食後酒を呑んでいたら、既に眠っていた。やっぱ、5時起きはきついよね..?!
この後シートをフル・フラットにして本格的な睡眠体制に入る。う~ん、完全に横になれるのは GOOD!! ただちょっと頭が下がる感じがしたので、ほんの少し背もたれを起こしてみる。ベスト・ポジションかも (^^v
では、しばらく寝かさせていただきます.. zz .. zzz…


First Meal の後、ぐっすりとは言えないが5時間くらい寝たようだ。
途中目が覚めた時、周辺からなにやら ラーメンの良い香り が漂ってきたが、匂いの誘惑に負けず(?)今回はひたすら寝た。
機長のアナウンスで 「 気流の関係で、途中揺れが生じる.. 」 と言っていた。確かに寝ている間に多少揺れたが、 それほど酷いものでなく、むしろ揺れが心地良い感じだった (^^;

Second Meal Service

すると、もうすぐシカゴ到着2時間前なので食事がラスト・オーダーになると、CAさんが伝えに来た。
物凄く腹は減っているわけではないが、多少でも喰える時は喰っておく。
で、かあちゃんは洋食、俺は和食を頂く。

 

洋食は トマトとモッツァレラチーズ入りオムレツ ポークソーセージのグリル。 2種類のパンと共に 高千穂発酵バターとブラッドオレンジジャム, フルーツ。

和食はまず(口取り)、蓬豆腐, 厚焼き玉子, 蓮根と沢庵の金平, 鯖味醂干し。
小鉢は 椎茸鱈子和え、主菜は 梶木鮪味噌漬け焼き。桜花御飯, 味噌汁, 香の物。
と朝から物凄い品揃え.. 喰えるかな~? と思ったが残すのも嫌なので、ちょっと無理したが完食 (^^;

 

最後にコーヒーを頂いて、さて米国税関申告書を記入して、2年振りにシカゴ乗継に挑みますか?!


7:54 am NH012 は ORD RWY 10 に無事着陸
8:07 am Chicago O’Hare INT’L Airport Terminal-5 #M11 に到着した。
名残惜しいが飛行機を降り、入国審査場に向う。

今回初めて乗った BUSINESS STAGGERED。シートがフルフラットになるのはもちろん、 広いサイドテーブルやTV/電源類などが揃っており、とても快適な時間をすごす事ができた。
何よりトイレに行く際、隣席の人に気を使わず、そのまま通路に出られるのはとても良かった。
ただあまりに個室感が強い.. 1人の場合(出張など)の場合は良いが、カップルにはちょっと寂しい気がした。
まぁ、そうは言ってもずっと乗ってみたいと思っていた BUSINESS STAGGERED、快適だったことに変りはない。

★★関連コンテンツ★★

 

その他のおススメ記事

【旅行記】ビジネストクラスで行くディズニークルーズ!

ANAビジネスクラスでGW休暇を利用して西カリブ海クルーズへ!カリブの碧い海とキャスタウェイ・ケイに再び訪れることができました。船はもちろんDisney Fantasy です。

【旅行記】ファーストクラスで行く年末年始パナマ運河クルーズ!

ANAファーストクラスで年末年始の休暇を利用してニューイヤークルーズへ!クルーズ憧れの地、パナマ運河と中南米の国々を巡りました。船の上のカウントダウンは最高!

【空港ラウンジ体験記】ユナイテッド ポラリス ラウンジ:シカゴ国際空港

2016年12月にオープンしたシカゴのポラリス ラウンジ。これまでのユナイテッド・クラブラウンジとは本当に比較にならない位、料理の種類が大変増え、しかもとても美味しかったです。

【空港ラウンジ体験記】

成田ANA SUITE LOUNGE、成田ANA LOUNGE、ヒューストンUNITED LOUNG、JFKブリティッシュ エアウェイズ、ワシントンルフトハンザ ビジネス・ラウンジなどの体験記。